読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幻??!?!感激のモンエクとの出会い、、その1

おひさしぶりです、!


昨日はいんぺくとちゃんの日本初イベントに参加!
ということでタワレコ渋谷店に行ってきたのですが
なんだか大変な1日になりまして、、、←

この1日をどうしても書きとめておかずにはいられない
わたしをお許しください( ;  ; )←

自慢と自己満で満載のブログになってしまうので
ご了承くださいませーーーーー(ごめんなさい)


さあ本題のはずのいんぺくとちゃんのイベントの
レポはあとで書くとして、、、(おい)

いんぺくとちゃんイベント1部が終わってるんるん
した気持ちで2部の時にソンムルでもあげようと
思いましてとりあえず渋谷から原宿方面へ!!!

その時のTLがモネギ日本着の写真で埋め尽くされていて
やっとモネギが日本に、、と感動していたので
KCONは仕事で行けないけどせめて気分だけでも!
と思ってモネギのアルバムを再生しながら
キャットストリートを歩いていたんですね
(いんぺくとちゃんミアネ←)

そんな感じでモネギのことを考えながら歩いてたら
後ろからチャリで私を追い抜くお兄さん。
後頭部だけでイケメンだったので
私(ああかっこいいなウォンホみがあるなあ
本人だったらいいのにね〜)
と思ってたんですよね

そしたらその後ろを追うようにもう1人チャリの
お兄さんが駆け抜けていかれまして←
キャップを被った後頭部にジュホニみを感じたので
私(いやまさかなあモネギが日本にいるからって
浮かれすぎてるなあ自分笑 でも本人だったら
いいのにね〜〜)
と思いましたね←

そんな感じでそこまで深く考えることなく歩いていたら
さっきの2人組がチャリをどこかで乗り捨てて私の
数メートル前で右側を見てちょっと立ち止まった後
そのまま右側の路地に入って行ったんですね←
私(いや、、これは、、、いや、、あの萌え袖、、
あの横顔、、、私頭おかしくなった??いやっっ
絶対ウォンホだろあれ!!!!!!!!!!)
ってなりましてwwww

そのまま通り過ぎるか迷いましたが気になり過ぎて
それはもう恐る恐る路地を曲がってみたわけですよ←

そしたらもうwwwwww
そこは誰1人人がいない超細めの小道でしてwww
その誰もいない小道にぽつんと2人の兄さんが
立っておられましてwww
もうそれは紛れもなくウォンホ先輩とほにちゃん
なんですよ!!!!!!!!!!(興奮)

しかもわたしがハッッてなってるのに気付いて
2人ともキョトン顔で私を見てるんですよ
もう逃げ場が無くなりました←

私はそんなにガツガツ話し掛けたりできる方ではない
ので路地を曲がったことを一瞬後悔して
私(逃げたい!この場から消え去りたい!!!!)
とそう思ってしまいましたが時すでに遅しでもう
2人の視線はずっとこちらへwwww

その距離約5メートル!!
そして流れていく沈黙の時間←

こ、これはなにか言わないといかんと思って
テンパって咄嗟に手前にいたウォンホ先輩に
私「う、うぉの、??」(超小声)
(ウォンホって言わなかっただけマシ←)

私がキャー!!!ってかんじじゃなかったせいなのか
え?知り合い?みたいな顔で顔を見合わせてまだ
キョトンとするお二人wwwww

私「も、、、もんべべ、、!!」
(必死)

するとウォンホの顔がちょっとにこやかに!!
そこでやっと私はこの距離感wwwと思って恐る恐る
彼らに近づきましたwww

ほにちゃんは聞き取れてなかったみたいで結構時差で
ほに「あ、、!もんべべ???」
って言ってくれたのでひたすらに頷くわたし←

そこで私は手に持っていたあいほんを見てはっ!!
と思って気付いたら喋れない韓国語で
聞いていました、、、

私「さ、さじんあんで、、???」
私(何調子に乗ったこといってるんだ自分!!!
やばい逃げたい逃げたい!!!!!!)

ウォノ「ああ!おっけーおっけー!!!!」

私(えええええいいんですかあああああ(滝涙))

カメラを起動しようと思ってあいほんを見て今まで
自分がモネギのアルバムを再生していたことに
気づく私(今更)

再生画面を指差して
私「ちぐむ!!!!ちぐむ!!!!!(焦)」

ウォノ「え?あ!わあーーー!」
ウォンホ超笑顔。・゜・(ノД`)・゜・。

そしてカメラを起動しようとするもぶるぶる
震える私の手←
貸せと言わんばかりに自然にウォンホにあいほんを
奪われる私←

最初に近くにいたウォンホを呼んでからここまで
なぜか焦りすぎてほとんどをウォンホに向かって
喋っていたみたいでどうやらほにちゃんは
私をウォンホペンだと勘違いしたようで
(きひょんちゃんペンだなんて言えない←)

写真もウォノとツーショットを撮りたいと思った
みたいで撮ろうとしたら端によって手振り付きで
どうぞどうぞってかんじで譲ってくれるほにちゃん

私(いやちがーーーーう!!!!!ほにちゃん
ごめんちがうんだよーーーーー( ;  ; )
あなたもはいってくださーーーーーーい!!!)
と思いながらも言葉が出ず小さく手招きする私←
(今考えたら何様なの私wwそんなつもりは、、)

そしてカメラの主導権は完全にウォンホ先輩が握って
撮影開始!!!!!
うまく入れなくて私の後ろに回るほにちゃん!
オドオドニヤニヤする私!!!!←
キメキメウォンホ先輩!!!!

ほにちゃんとわたしは多分1枚か2枚だろうと思ってた
から表情がほぼ変わっていませんがさすがは
セルカのプロウォンホ先輩!!!!!!!!
後から見たら4枚も撮っておられました!!!ww
そして表情も変えてwwww
ありがたくてたまらないけど面白い可愛いwww

私「わーーーー、、ありがとう、、(焦)」

ウォノ「こまうぉ〜」
って言いながら自然にあちらから握手しようとして
くれたので
私(ああそうか握手するの忘れてたよありがとう
ウォンホおおお。・゜・(ノД`)・゜・。)
って思いながら握手!!!!!
と思ったらものすごい自然な流れでそのままハグまで
してくれる慣れてる男ウォンホちゃま(大号泣)

もうなにがなんだか分からないけどほにちゃんとも
握手!!!と思って私から握手を求めて握手して
もらったらほにちゃんもウォンホ先輩につられたのか
そのままハグしてくださいました(倒れそう)

私「あした!!!」
うぉんほに(????)
私「あの!けーこん、!!!行けない!(号泣)」

ほに「あ!けーこん???!?!」
私「そう!けーこん!!!いけない!!」
ほに「いけない??????」(くそ可愛い)
私「ワーク!!!!」
ウォノ「work???(発音)←」(これも可愛い)
私「けーこん!!!行けない!!」
(今度はバツのジェスチャー付き)
ほに「ああ、!(韓国語何言ってるか分からないけど
理解したご様子)」
残念な顔をしてたらなんかほにちゃんが多分韓国語で
来いや!!!!的なことを手招きしながら言ってて
私(いやもう行きます行かせてください
行けないけどね??!??!?!る!?!)
ってなりました←

そんでなんかもう忘れたけどちょっとだけ話してから
うぉんほに「ばいばーい!!」
私「ばいばい!!ふぁいてぃん!!!!(全力)」

そして2人はにこやかに路地の奥へと消えて
いくのでした、、、、←

そしてこちらその時の写真です(ごめんなさい)←

f:id:ripesumai:20160409233325j:plain

(超雑コラ)←

さすがですよねセルカのプロによる作品、、←


f:id:ripesumai:20160409233430j:plain

そんな撮ってるの知らないから(多分)表情がほぼ

変わらないほにちゃんと

f:id:ripesumai:20160409233543j:plain

完全主導権で色んな表情を見せて下さる

ウォンホプロ(尊敬)←


私が撮らなくてほんとよかったですウォンホが撮って

くれたから公式のツイッターに載ってるのと同じような

お顔の素敵なセルカ作品に。・゜・(ノД`)・゜・。


私なんかに優しくしてくださってほんとうに

ありがとうございました(土下座)


こんなに長くなりましたが私の不思議体験は

もう少し続きます(長い)←